シーラカンス

シーラカンスとは

シーラカンスは、水の惑星の生物進化の謎を解く鍵をにぎっている動物です。アクアマリンふくしまでは、「海、生命の進化」をテーマとするプロローグをもち、開館当初よりシーラカンスの生態解明に取り組んできました。

2006年にはインドネシアで生きたシーラカンスの姿をROV(水中自走式カメラ)で撮影することに成功しました。また、アフリカのタンザニアでの調査も行い撮影に成功しています。

シーラカンス
シーラカンス情報
シーラカンスシーラカンスは、生物進化の謎を解く鍵をにぎっている動物。陸上動物は、古生代デボン紀にシーラカンスの仲間からが進化したと考えられています。
詳細はこちら
プロジェクトの歩み
  開館当初からの当館のシーラカンス・プロジェクトの歩みについて、年表形式でご紹介いたします。
詳細はこちら
ROVって?
ROV ROVとは自走式水中カメラのこと。シーラカンスが潜む洞窟の奥まで入れ込むことができ、シーラカンスの姿を捕らえることに成功しました。
詳細はこちら
2007国際シンポジウム
シンポジウムの様子2007年11月24日国際シンポジウム開催。様々な分野の国内外の研究者がシーラカンスの最新研究について講演しました。
詳細はこちら

ページトップへ

Copyright 2009 aquamarine Fukushima All rights reserved.